*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


東京の有楽町の日比谷のシャンテ2階にある
栗原はるみさんのお店「ゆとりの空間」で、
友達と娘と3人で東京プチランチをしました。

栗原はるみさんの料理は、まねして作ってみた
くなる家庭の味です。

私と友達は、たっぷり野菜のあんかけごはんを
オーダー。野菜がいっぱいで女性向けです。
副菜は、ビーンズのトマト煮。漬け物と味噌汁
がついてちょうどいいカロリーのプチランチ。
tokyo4gatu 001

娘は、さばのそぼろごはんプレートをオーダー。
ちょっと味見させてと娘のさばそぼろを一口食
べてみました。さばのそぼろって生臭いと思っ
たのですが・・。生姜の味がきいていて、いろ
いろな野菜もまぜてあっておいしくてびっくり。
これは、家でも作ってみようと思いました。
tokyo4gatu 002


ラ・ベットラ・ダ・オチアイ・ナゴヤが予約できたか
ら一緒に行きましょうと友達から誘われており、
先日行ってきました。
地下鉄東山線の池下で降りて少し歩いたところ
のセントラルガーデン内にあります。

セントラルガーデンではまず、メゾンカイザーで
フォカッチャといちじくのパンとクロワッサンの生
地をつぶして焼いたおもしろいパンを持ち帰り用
に買いました。

そのあと、フォルティシモ アッシュで、おいし
そうなケーキを選び、コーヒータイム。
世界のあちこちを旅するIさんに、今回はベトナ
ム旅行の楽しい話を聞きました。

Iさんは、マカロン、私はまた誘惑に負けて高カ
ロリーのホワイトチョコのムースをたのんでしま
いました。中が何層かに分かれていろいろな味
になっていて思ったよりも甘くなく、出会ったこと
のない味・・・本当においしいケーキでした。
rabettora 009

13時になったので、ラ・ベットラに向かいます。
rabettora 010

前菜、パスタ、メインをそれぞれ選ぶのですが、
どれも本当にたくさん種類があって、量的にも
多く、これは男性でもOKというほど満腹にな
りました。あぁ、またお腹の脂肪が・・・。

では、私たち2人の食べた本日のランチコースを
紹介します。

まず、私の選んだ前菜盛り合わせ。いろいろなも
のがちょっとずつ味わえて満足。
rabettora 012

Iさんの前菜はテリーヌ。その大きさにびっくり。
メインかと思えるような量です。野菜もたっぷり。
rabettora 013

私の選んだのは、きのこのクリームパスタ。
トリュフソースで、香りがよくておいしい。
rabettora 015

Iさんの選んだのは、うにのクリームパスタ。
まちがいなくおいしいですよと笑顔。
rabettora 014

さて、メイン料理です。
私は子羊の香草焼きをオーダー。
パスタの量が多かったので、結構満腹にな
っていて、この大きさを見たときはびっくり。
食べられるかしらと思いましたが、おいしい
のでしっかりいただきました。
rabettora 017

Iさんは、ミラノ風カツレツをオーダー。
イタリアのミラノで食べたのを思い出しました。
Iさんも、ミラノで食べておいしかったんです、
これ大好きなんですよと言いながらしっかり
完食。カツレツには、ハーブがたっぷりそえ
てあってうれしいですね。
rabettora 016

デザートはいかがですかと言われましたが、さす
がにお腹がいっぱいで、食後のハーブティーのみ
をいただくことにしました。

店内は、そんなに広くなく、隣との距離が結構近
いのでもう少しゆったりとしたスペースでお食事
をいただけたらと思いましたが、とにかく量の多
さにびっくりしました。男性客が以外に多いのも
この量だからかなとうなづけました。

東京の銀座の店はどんな感じなのかなぁ。
なかなか予約が取れない店だと他の友達からも
聞きました。情報通のIさんのおかげで楽しむこと
ができてよかったです。

セントラルガーデンの成城石井に寄って、今が旬
のいちごスプレッドを買って帰りました。
う~ん、大満足。



大阪京橋の居酒屋で開かれた関東支部会に参加し
てきました。なんだかすごいネーミングの会ですが、
富山の同じ中学校出身の同級生の例会です。太極
拳50代の部で日本一の金メダルをとったKさんのお
祝い会も兼ねての会です。
私は愛知県在住ですが、神戸、大阪、京都での関西
支部会は近いのでよく参加します。
毎回少しずつメンバーが違うのですが、今回は、男
性2名、女性5名。特に今回は、富山からわざわざ
来てくれたTさんとは実に35年ぶりの再会でした。
モンスターワイフ達にご主人の身代わりのようにせ
められて、男性陣は大変だったと思うのですが、い
つも笑って話を聞いて受けとめてくれる素敵な男性
陣に感謝です。

一次会の店の名は「べに家Dining」
Sくん推薦のトマト鍋がおいしいお店だとかで、飲み
放題付きのコースがなんと2500円!前菜、唐揚げ、
ピザorチヂミ、トマト鍋、最後はスープにご飯とチー
ズを入れてリゾットにして食べるというコース。
このリゾットがおいしかった!
また行きたい店です。

これは坦々トマト鍋。見るからにトマト~!
時間とともに、トマトが煮詰まって坦々鍋のトマト味
って感じになって、ピリッとしてヘルシー。
素直においしい。これ、いけるなぁ。
rabettora 007

これは、キムチトマト鍋。私たちのグループが注文。
チムチが好きな人にはGoodです。
どちらもすごいボリュームに見えるのですが、鍋の
中の食材はトマトにキャベツやきのこなどがメイン
なので、とってもヘルシーでリコピン酸とカプサイシ
ンたっぷりで体にいいもの食べてる感じで満足。
rabettora 008

二次会は、Kくんの行きつけのバーに連れて行って
もらいました。マスターが富山県出身だそうです。
「ちょっとぉ、Kくん大人だねぇ。」
(50才だからあたりまえに大人だけど・・笑)
「この店、どんなときだれとくるの?」
「仕事でストレスたまると一人で来てカウンターで
飲んでる。」
「かっこいいねぇ!。」
「家に帰りたくない理由でもあるの?」
「私たちが聞いてあげるわよ。」
(女性陣、大盛り上がり!)
落ち着いた英国調の応接セットの部屋で、大きな笑
い声とともに夜はふけていくのでありました・・・。

マスターが、中学生の同級生が、故郷から離れた土
地でこんなふうによく集まって飲めるってのはうらや
ましいと言ってくれました。
「80才とかになっても、集まろうね。」
「杖ついてでも行くわ。」
こんな素晴らしい中学校の仲間は私の宝物です。





3月4日、名古屋の金山駅からすぐの名古屋全日空ホ
テルグランコートの「スターゲイト」で英会話講座つなが
りの友達とランチをしました。
この日は、毎年ご主人とフランスへスキーに行っている
Kさんの今年のツアー体験談を聞く会で絶対に盛り上が
るだろうと思い、他のお客さんに迷惑にならないように
個室をとりました。30階なので景色もよく、みんなごきげ
んで話題は尽きず、「笑いすぎてしわが増えたかしら。」
と言いながらまたみんなで笑って本当に楽しかったです。

この日食べたルクリアランチを紹介します。

まず、前菜盛り合わせです。
左はわかさぎのマリネ、中央が鹿肉のスモークしたも
の、右は牛肉のソテーです。鹿肉のスモークは初めて
食べましたが、とてもおいしかったです。
suta-geito 001

スープのあと、メインディッシュです。
6種類から一人一つ選べますが、私たちは次の3種類
を選びました。

・国産牛股肉のトルティーヤ入りパン粉付き焼き
バジル風味のトマトと共に
suta-geito 002

・サーモンと帆立貝柱のコラボレーション焼き
海苔仕立て
suta-geito 004

・真鯛の蒸し煮 桜風味の芝海老と菜の花添え
私は、これをオーダー。リゾットの上に真鯛と菜の花
がのせられています。見た目も春らしく美しく、上品な
薄味でおいしかったです。
suta-geito 003

最後はデザート。
パンナコッタとはちみつのアイスクリームがおいしかった
です。
suta-geito 005

フランスのスキーツアーで、リフトにのっては山を次々滑
り、なんと一日で60km滑ったというKさんの話は新鮮で
した。みんな笑い話をたくさん提供したのですが、Mさん
が見た、19000円する「桃井かおりが作ったかるた」の
内容が中年ネタでめちゃくちゃみんなにうけて・・・
「それ見たいわ!」
「見たい~?」
「Mさん買ってよぉ~。」
「みんなで旅行でも行くなら買っちゃおかな!」
「行く!行く!」
ということで、一番セレブのMさんに買ってもらって、み
んなでやろうということになりました。
「だれがよむの~?」
「桃井かおりになってよむのよ~。」
「まかせて~!」
爆笑カルタ会が楽しみです。


叶匠壽庵 寿長生の郷で梅の花を楽しんだあと、
懐石料理とお抹茶をいただきました。
毎年、もと職場つながりの友人とここを訪れてい
ます。静かな里山で季節の花に出会い、季節感
のあるお料理を友人と楽しみ、お茶席では月ごと
に変わる手作りの和菓子とお話を楽しみます。

「山寿亭」の入り口。客人を迎える白梅の花。
kyoutoharu 056

2月の寿長生懐石を紹介します。

如月 「立春」

山ぶどうの食前酒。とってもいい香り。
kyoutoharu 043

先付  平貝と北寄貝は酢味噌で、胡麻豆腐は柚子味噌
     でいただきます。胡麻豆腐が優しい味です。
kyoutoharu 042

前菜  紅鱒幽庵淡雪焼き、蟹黄味鮨、お多福豆、琥珀
     卵梅ゼリー、数の子、合鴨、筍の木の芽和えなど。
     筍の木の芽和えが春の味で一番気に入りました。
kyoutoharu 044

椀物  海老真丈清汁仕立て。葛を使って上品なとろみが
     だしてあり、白髪葱の味と柚子の香りが口の中で
     一緒になっていい感じに溶けていくようでした。     
kyoutoharu 045

向付  鮪角造り,鮃薄造り、天使の海老、奉書大根、香り筍
     ライム、花穂紫蘇、水前寺海苔、より人参、山葵。
     鮪はあまり好きではないけれど、これはおいしいと
     思いました。天使の海老は・・名前負けしたかな?     
kyoutoharu 047

焼物  ずわい蟹甲羅焼き、長芋、朴葉味噌、筍木の芽焼。
     ひさしぶりの蟹に、思わず顔がほころびます。
     筍は皮のまま焼いてあるので旨みがぎゅっとつま
     っていました。     
kyoutoharu 048

温物  炙り雲子玉締メ、豚角煮、百合根、菜の花、銀餡。
     上品な茶碗蒸しにとろっとした餡がかけてあり食
     べていると、中から豚の角煮が顔を出します。
     薄味で、優しいお味。
kyoutoharu 049

福椀   焼餅白味噌椀、溶き芥子、糸鰹、柚子麩、
     海老芋、梅人参。
     お腹がいっぱいになってきましたが、また上品な
     お味の白味噌に焼餅という組み合わせについ箸が
     すすみます。一口ずつのお餅がうれしい。
     しめ縄を落として召し上がってくださいと言われる。
     厄落としだそうです。これで、今年は家内安全!    
kyoutoharu 050
kyoutoharu 051

食事(止菜) 紅鮭茶漬け、若炊あさり、塩昆布、山葵、
       ぶぶあられ、割烹南高梅。
       まだ食べられる?と思いましたが、このお茶漬け
      もしっかり完食。
kyoutoharu 053

水物(安らぎ) 莓プリン、莓アイス、莓と莓ジャム。
         この時期の旬の莓づくしのデザートです。
kyoutoharu 054

このあと、床の間にまんさくと椿の飾られたお茶室で・・
kyoutoharu 060

手作りの和菓子とお抹茶をいただきました。
2月の和菓子はよもぎ餅。あずき餡をあらくつぶしたもち
米とよもぎをまぜた衣で包んであります。
kyoutoharu 059

やはり和食はいいわね、でももうお腹いっぱいになってきた
わといいながら、感謝して皆残さずおいしくいただきました。

長屋門の前で、5人並んだ記念写真を撮っていただきました。
「もうばっちりでございます。来年のパンフレットの表紙に
使わせていただきますね。」
「まあ!それは楽しみです。ぜひよろしくお願いします。」
「どんなお友達ですか。」
「どう思います?」
「職場つながりですか?お子さんつながりですか?」
「・・・・上下関係つながりです。」
「女3人よったら、かしましいでしょ。女5人よったら・・・」
「そりゃ、やかましいでしょ。」
「また来年もいらしてくださいね。」
「ありがとうございます。生きとったらね。」
女性5人の珍道中。愉快な冗談をかわしながらこの白梅の郷
をあとにしました。


ミセスメグ

Author:ミセスメグ
FC2ブログへようこそ!



presented by スイス旅行

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。