*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


犬山市の唐寺、神護山先聖寺に普茶料理を
食べに行ってきました。このお寺は黄檗宗。
黄檗宗は、中国から来日した隠元を開祖とし
本山は京都府宇治市の黄檗山萬福寺だそう
です。
お寺の本堂の天井に描かれた八方睨みの龍
や、階段から柱に彫られた龍は見応えがあり
ました。

普茶とは、江戸時代に隠元禅師がもたらした
精進料理で、大法要や大行事のあと全山の
者が一堂に会してする謝茶(慰労会)のこと
だそうです。
古来の一客一善と違い、中国風の普茶料理
は、食卓を囲んで身分の隔てなく親愛の情
を深めることを旨とする料理。大皿に自分の
箸をのばし、みんなでわいわい話しながら食
べてくださいと住職さんから言われました。
そして、その箸は持ち帰って家で使ってくだ
さいねと。

では、どんなお料理がでたかというと・・。

① 麻腐(マフ)   ごま豆腐 
 とにかく、住職がごまをすっってすって
 すりまくって作ったというごま豆腐。
 ごまの香りが濃厚ですっごくもちもちで
 絶品でした。もう普通のごま豆腐が食べ
 られなくなりそう~。
② 箏羹(シュンカン)野菜煮合
hutyaryouri1.jpg
 中央の花がすばらしいでしょ。ゆり根で
 作ったそうです。れんこん、しいたけ、
 高野豆腐、ゆば、長いも、ほうれん草な
 ど野菜を使って本当に時間と手間をかけ
 て作ってあります。特に手作りひりょうず
 と栗の渋皮煮が感動のお味。
③ 冷拌(ロンパン) 和え物
 すりおろしたかぶらに小さく切って揚げた
 生麩を混ぜた和え物。
④ 油ジ(ユジ)   味付揚物
hutyaryouri2.jpg
 見た目も美しい味付けの天ぷらです。
 家庭料理の参考になりました。
 カボチャを小さく切ってグリンピースと
 紅しょうがをまぜて揚げるときれい。
 さつまいもも小さく切って、レーズンを
 まぜてあげるとこれはまちがく美味。
 梅干しをワインにつけて塩抜きをして甘
 く煮たものを天ぷらにしたり、りんごを
 天ぷらにしたり・・新鮮でおいしい。
hutyaryouri3.jpg
 前に来た時も、この料理が強烈な印象で
 したが、今回も出して頂いて感動。
 見た目も味もうなぎの蒲焼きにそっくり。
 海苔の上に蓮根と大和芋とごぼうをすっ
 たものをのせてきれいに形をつくって揚げ
 てから照り焼きにしてあります。
 ごぼうの繊維がうなぎの小骨のような食
 感で、本当においしくいただきました。
⑤ 冷拌(ロンパン)酢の物
⑥ 雲片(ウンペン)野菜葛煮
 
 料理で使った野菜の切れ端を葛煮にして
 あり、捨てるところは全くありませんと
 いう住職に脱帽。
⑦ 飯子(ハンツウ)御飯
⑧ 寿免(スメ)  吸い物
 
 昆布だしに超細切りしょうがが入っていて
 いい香りで体も温まるお吸い物。
⑨ 水菓(スイカ) 果物
⑩ 菓子(コウツウ)
 
 もちろん、おまんじゅうも手作り。
⑪ 抹茶
 最後にお抹茶までいただいて大満足。

食後は、写経をして帰ってきました。
お茶室もあり、10名以上で普茶懐石もで
きるそうです。

 野菜や大豆でこんなにおいしい煮物がで
 きるとは!だしは昆布だしで、鰹だしは
 一切使ってないと聞き、また驚き!昆布
 と野菜と塩や生姜のだしだけでとっても
 やさしいお味なんです。
 
 昆布を一晩水につけとけばおいしい昆布
 だしができるからと住職に聞いて、家に
 帰ってさっそく昆布だしとしょうがとおい
 しい塩を使ってお吸い物を作りました。
 みんなにも好評で、我が家の味に。

一ヶ月ごとにお料理が変わるそうで、季節
を感じて旬のものをいただけるようです。
4人以上で揃わないといけないのですが、
4500円で友達とわいわい楽しく食材あて
をしながら楽しめるので、また是非行きた
いです。
 







スポンサーサイト


この記事へコメントする















ミセスメグ

Author:ミセスメグ
FC2ブログへようこそ!



presented by スイス旅行

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。