*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今年の1月27日、味噌作り教室で自家製味噌を
作りました。

作り方はこうです。
① 大豆をたっぷりの水に一晩浸しておきます。
  (10kg分だったから大きなバケツ2杯必要)
② 大豆を圧力鍋で沸騰してから20分ゆでます。
 ざるに豆をとります。
 ※豆のゆで汁は、捨てないでペットボトルに
  入れて持ち帰り、味噌汁にするとおいしい!
③ 豆を餅つき器に少しずつ入れてつぶします。
  つぶし加減はそれぞれお好みで。
④ つぶした豆と塩と3種類の麹を大きなたらい
 でよく混ぜます。
 (雑菌が入らないようにビニール手袋をして
  さらにアルコール消毒もします。)
⑤ かびがこないように焼酎などを入れた霧吹き
 で、かめの内部をアルコール消毒しておきます。
  手にひとつかみずつ取り、かめの底に向かっ
 てすき間のないように(空気を抜く為)どんどん
 思い切り投げつけていきます。(たのし~!)
⑥ かめにだいたいいっぱいになったら、つめた
 味噌の表面をアルコール消毒します。
 (ぶくぶく発酵してくるので、一番上まで入れ
 ないこと。)
⑦ サランラップをぴっちりして空気が入るのを
 防ぎ、その上を新聞紙でおおい、かめの口をひ
 もでしっかりしばります。

これだけの味噌作りの全行程を全部一人でやると
大変ですが、8人で役割分担をしてわいわいやり
ながら楽しく全員分の味噌を仕込み、それぞれ持
ち帰りました。そして、床下収納庫に置き、熟成
の時を待っていました。

12月くらいには食べられると聞いていたので、
かめの中を見てみました。表面の膜をとると、ち
ょうどいい感じで熟成しておりました。

miso3_convert_20091210190511.jpg
正真正銘、無添加の自家製味噌のできあがりです。
とってもいい香りがぷ~ん・・。
発酵パワーのすばらしさ。暑い夏もかびないでよく
がんばってくれましたねぇ。感謝、感謝・・・
表面の膜をとってかめのまわりもきれいにふいて
できたて味噌の記念写真。


miso2_convert_20091210155726.jpg
陶芸教室で作った自作の器に味噌をのせて
アップでズームイン!
ところどころ豆の形が残るようにつぶしたのが
手作り感があっていいでしょ。
さっそくなめてみました。
そのままでもお酒のつまみでいける!
生野菜につけたら絶対おいしいわ!

夕飯に、できたて味噌の味噌汁を作りました。
とってもいい香りにまろやかな味が最高!

実家の母と妹、そして仲のいい友達にもぜひ
この大豆パワーあふれる幸せな香りと味の豆
味噌をお裾分けしたいと思います。




スポンサーサイト


この記事へコメントする















ミセスメグ

Author:ミセスメグ
FC2ブログへようこそ!



presented by スイス旅行

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。