*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あたたかくなって、うちの近所の野原につくしが
たくさん生えていました。つくしは、子どもの頃
から大好物なので、今朝早起きをして、さっそく
とってきました。私の住んでいるところは、つく
しが、まだ近所でとれるくらいのどかなのです。

スピードラーニングを聞きながら、つくしのはか
ま取りを始めます。
tukusi 003

はかま取り終了。採りたてで新鮮でしょ。
tukusi 004

洗って、あくぬきのため、ゆでてざるに取ります。
tukusi 006

少量の水を加えて煮て、砂糖、みりん、醤油で味付け
ます。最後に卵でとじたら、大好物のつくしの卵とじの
できあがり。少しだけ自作の陶器の器にのせて・・・。
毎年3月には、絶対これを食べます。
家族全員が大好きで、「おいしいね。」の笑顔に今日の
幸せを感じます。
tukusi 010

また明日も早起きして、つくしとりにでかけましょ。
旬のものを食べると元気になります。


スポンサーサイト

この前作ってつるしておいた干し柿が
冬の冷たい風とお日様の光で、こんな感
じに柔らかくなってきて・・・
手でよくもむと中がかたくならずに柔らか
く仕上がると教えてもらったので、
「おいしくなーれ。おいしくなーれ。」
と気持ちを込めてよくもんでいました。

hosigaki2_convert_20091202121646.jpg

わらの切り口を干し柿にすりつけると
白く粉がふいた感じに仕上がるのだそ
うですが、わらはないので黒くなって
甘くなってきたら食べ頃かと・・・
そしてついに・・・
手作り干し柿の完成!

hosigaki2_convert_20091210154017.jpg
ベルギー製のテーブルクロスの上、萩焼
の器にお手製干し柿をのせてみました。

おばあちゃんにさっそく「食べてみて!」
とすすめ、自分でも味見。
うーん!甘くておいしい!
あの渋柿が見事に変身しました。
とっても大きな柿だったから
身が厚くて柔らかく仕上がって我ながら
自分をほめてあげたい!
おばあちゃんも感激してて
「干し柿って買ったら高いのに、こんな
に簡単にできるんだね。」
主人も「おまえ、すごいぞ!」
と言ってくれて・・・
たくさんあるからもらってって柿をくれた
友達に感謝!です。

毎日暗いニュースが流れているけど・・
みんな日々の生活の中に
こうしてちいさな幸せを見つけられる
といいのにって思います。




今年の1月27日、味噌作り教室で自家製味噌を
作りました。

作り方はこうです。
① 大豆をたっぷりの水に一晩浸しておきます。
  (10kg分だったから大きなバケツ2杯必要)
② 大豆を圧力鍋で沸騰してから20分ゆでます。
 ざるに豆をとります。
 ※豆のゆで汁は、捨てないでペットボトルに
  入れて持ち帰り、味噌汁にするとおいしい!
③ 豆を餅つき器に少しずつ入れてつぶします。
  つぶし加減はそれぞれお好みで。
④ つぶした豆と塩と3種類の麹を大きなたらい
 でよく混ぜます。
 (雑菌が入らないようにビニール手袋をして
  さらにアルコール消毒もします。)
⑤ かびがこないように焼酎などを入れた霧吹き
 で、かめの内部をアルコール消毒しておきます。
  手にひとつかみずつ取り、かめの底に向かっ
 てすき間のないように(空気を抜く為)どんどん
 思い切り投げつけていきます。(たのし~!)
⑥ かめにだいたいいっぱいになったら、つめた
 味噌の表面をアルコール消毒します。
 (ぶくぶく発酵してくるので、一番上まで入れ
 ないこと。)
⑦ サランラップをぴっちりして空気が入るのを
 防ぎ、その上を新聞紙でおおい、かめの口をひ
 もでしっかりしばります。

これだけの味噌作りの全行程を全部一人でやると
大変ですが、8人で役割分担をしてわいわいやり
ながら楽しく全員分の味噌を仕込み、それぞれ持
ち帰りました。そして、床下収納庫に置き、熟成
の時を待っていました。

12月くらいには食べられると聞いていたので、
かめの中を見てみました。表面の膜をとると、ち
ょうどいい感じで熟成しておりました。

miso3_convert_20091210190511.jpg
正真正銘、無添加の自家製味噌のできあがりです。
とってもいい香りがぷ~ん・・。
発酵パワーのすばらしさ。暑い夏もかびないでよく
がんばってくれましたねぇ。感謝、感謝・・・
表面の膜をとってかめのまわりもきれいにふいて
できたて味噌の記念写真。


miso2_convert_20091210155726.jpg
陶芸教室で作った自作の器に味噌をのせて
アップでズームイン!
ところどころ豆の形が残るようにつぶしたのが
手作り感があっていいでしょ。
さっそくなめてみました。
そのままでもお酒のつまみでいける!
生野菜につけたら絶対おいしいわ!

夕飯に、できたて味噌の味噌汁を作りました。
とってもいい香りにまろやかな味が最高!

実家の母と妹、そして仲のいい友達にもぜひ
この大豆パワーあふれる幸せな香りと味の豆
味噌をお裾分けしたいと思います。






手の手術をする3日前、友達から「教えてあ
げるから干し柿作らん?」って電話があって、
初めて干し柿を作ってみました。
作り方はいたって簡単。
もらった渋柿の皮をむいて、カビ防止のために
霧吹きで焼酎をかけ、2つずつタフロープで結
んだら長さを調節しながらつるして冷たい風の
あたる所においておくだけです。

できた干し柿を家にあった洋服掛けに工夫して
つるしてみたらなかなかいい感じになって外に
出す前にクリスマスバージョンのオブジェ風に
して記念写真をとってみました。

「お前、それはなかなかグッドアイデアだぞ!」
と、つるした干し柿を見て主人がめっちゃ笑って
いました。さすがMrs.メグ,Good Jobです。
hosigaki





ミセスメグ

Author:ミセスメグ
FC2ブログへようこそ!



presented by スイス旅行

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。